Get free SEO audit

Error during loading check report for this url.
Please, try again later or change your url.
Domain
is LIVE
is DOWN
Our server in Germany was able to access the website
Our server in Germany wasn't able to access the website
Service status:
-
Ip adress:
-
Response time:
-
Response code:
-

Currently Top 5 Rated Alternative Hosting Companies

1
Hostgator
from$2.75/mo
45-day money-back guarantee
2
Siteground
from$4.29/mo
30-day money-back guarantee
3
Bluehost
from$3.95/mo
30-day money-back guarantee
4
Hostpapa
from$2.95/mo
30-day money-back guarantee
5
JustHost
from$3.95/mo
30-day money-back guarantee
Show more

誰にもアクセスできないサイトを確認する方法

誰にもアクセスできないサイトを確認する方法

自分のウェブサイトにアクセスを試みたらダウンしている旨のメッセージが表示された経験はないでしょうか?すぐにウェブホストプロバイダーに連絡した方が良いですが、様々な疑問点が浮かび上がります。本当にダウンしているのでしょうか?それともインターネットプロバイダー側の問題?場合によってはお持ちのパソコンまたはスマートフォンの問題かも知れません。様々な原因で閲覧できない場合があります。

ウェブサイトが実際にダウンしているのでしょうか?考えられる可能性をできる限り排除することが早期解決へとつながりますが、多少時間かかる場合があります。もう一つの方法は特殊なツールを駆使して必要な情報を全て得ることが可能です。弊社はそのようなツールを開発しました。

ウェブサイトの状況を確認する方法

このような状況では、「他のユーザーも閲覧できないのかな?」と誰でも思うかも知れません。弊社が提供するウェブサイトステータスチェッカーでウェブサイトの稼働状況を無料で確認できます。利用方法はとても簡単でウェブサイトのリンクまたはドメインを入力するだけです。特定地域を選択してそちらから閲覧が可能かどうかも確認できます。「テスト開始」を押すと、数秒後にサイトステータスの詳細結果が表示されます。

ウェブサイトステータスチェッカーで得られる結果内容

選択頂いた地域にある弊社サーバーが、ウェブサイトへのアクセスを試みて状況を確認します。レポートの一番上の行にアクセス状況の結果が記載されています。

ウェブサイトの稼働状況を確認後、他の技術的な情報を分析します。対象ウェブページのスクリーンショットとIPアドレスが表示されます。さらに応答時間も確認できます。ウェブサイトが稼働していても表示されるまで時間がかかり過ぎる場合、多くのユーザーにとってはダウンしている可能性が高いと考えられます。ユーザーの半数近くは最大2秒で表示されることが理想としますが、3秒以上かかるとユーザーの40%が離れる恐れがあります。

レポートにはステータスコードが含まれています。HTTPステータスコードはサーバーから返されてウェブサイトのステータスを表示します。ステータスコードは3桁の数字で表示されており、3桁目は1〜5の数字が割り当てられます。例を挙げると、404エラー(ページが見つかりません)または200 (OK)は誰でも一度は経験したことがあると思います。その他にステータスコードは多数存在します。弊社でまとめたサーバーステータス一覧で詳しい内容を確認頂けます。

最後に、最終ダウンタイム日時が表示されます。「私のウェブサイトは稼働しているのだろうか?」と疑問に思うかも知れませんが、最後に発生したトラブル日時を探る必要があります。現在ご利用中のプロバイダーの信頼性を把握する手がかりにもなります。

ウェブサイトステータスチェッカーのレポートを保存または他人に送付しますか?スクリーンショットを撮る必要はありません。レポート内容を丸ごとクリップボードにコピー&ペーストできます。他にもpdfファイルとしてダウンロードしてSNSでシェアすることも可能です。

ぜひウェブサイトステータスチェッカーを試してみてください!

なぜ稼働時間が重要なのか

ウェブサイトのアップタイムは非常に重要です。1分のロスだけでも経済的なロスだけではなく、ウェブサイトの信頼性を左右しかねません。企業規模が大きくなればなるほど損害額が増大します。例えばAmazon.comがわずか1分のダウンタイムを経験しただけで約22万ドル相当の損害が発生します。

ウェブサイトのステータス確認を定期的に実施する理由は下記の通りです。

  • より良いユーザー体験の提供。ユーザーはお気に入りのウェブサイトが稼働していないことを嫌います。新規顧客は二度と戻らない場合がありますが、既存の顧客は不安になることが考えられます。あなたのライバル企業がそのきっかけで自社の集客活動に力を入れる可能性があります。
  • 高い検索順位の維持。Googleは表示速度が遅い、またはアクセスできないウェブサイトを下の方に表示する傾向があります。あなたのウェブサイトが頻繁にダウンする場合、検索順位に悪影響を与えかねません。問題が解決して検索順位が元に戻るまで長時間かかる場合もあります。
  • 広告収益の保護。もちろんウェブサイトがダウンしている限り、広告が公開されることはありません。広告サービスはダウンタイム状況を管理しているため、ホストとなるあなたのウェブサイトがダウンしている時期に不利が生じます。ダウンタイムが一定期間を超えるとキャンペーンを中止する業者が多いのが現状です。 
  • ハッカー探知。ハッカーの干渉行為もダウンタイムになりかねません。悪意あるコードがあなたのウェブサイトにダメージを与えるだけではなく、訪問者のデバイスまで乗っ取ることも充分あり得ます。ウェブサイトのステータスチェックを実施してダウンしていることを確認できたらタイムリーに損害を未然と防ぐことができます。

ウェブサイトの稼働性をモニタリング

ウェブサイトの稼働状況を確認する方法を述べましたが、上記の理由を考慮して定期的に実施することをお勧めします。稼働状況をモニタリングする方法もあります。

  • Googleアナリティックスでカスタムアラートを活用しましょう。Googleが設定した数値を下回るトラフィック量を検知するとメールで通知されます。
  • SNSを駆使してコミュニティーグループを作りましょう。ウェブサイトにリピーターがいたらウェブサイトが稼働しなくなった時にFacebookまたはTwitter経由であなたに連絡する場合があります。
  • Sitecheckerbotでモニタリングしましょう。botがあなたのウェブサイトに著しい変化が生じたかどうか確認して通知します。
  • 弊社ウェブサイトステータスチェッカーも無料でご利用頂けます。あなたのホームページがダウンすると通知します。

ウェブサイトダウンタイムの原因

弊社ウェブサイトステータスチェッカーを利用してウェブサイトがダウンしていることを確認した場合、どのような状況を考えられるでしょうか?可能性が高いシナリオは下記の通りまとめておきました。

  • ウェブホストプロバイダー側の問題も考えられます。プロバイダーの稼働状況がダウン要因として一番多く挙げられています。メンテナンスの都合で計画的にダウンすることもあれば、突然ダウンすることもあります。このような状況に備えてどのような賠償制度があるか予め確認しておきましょう。安定稼働に実績あるウェブホストを選択して万一のことに備えて保険にも加入するのも良いでしょう。
  • DDoS及びハッカー攻撃。あなたのウェブサイトに悪影響を与えるものは DdoS攻撃だけではありません。シェアードホスティングサービスを利用している場合、他のサイトと同じサーバーを共有することになり、攻撃されるとサーバー上のウェブサイトが全て影響を受けます。幸いなことに多くのプロバイダーは高度DDoS対策を講じています。専用サーバーを使う方もいらっしゃいますのでぜひ検討してみてください。
  • データベースまたはソフトウェア側の問題。例を挙げると、WordPressで互換性のないプラグインをウェブサイトにインストールするとウェブサイトごとダウンする恐れがあります。一部ファイルを誤って削除した場合、及びコーディングエラー(タイプミス、構文エラー、無限ループなど)もサーバーエラーを引き起こす可能性があります。内部不一致及びデータベースエラーがウェブサイトを部分的に表示、ブランクページの表示、あるいはサイト全体をダウンさせる原因にもなります。
  • ハードの故障。高レベルの冗長構成、充実した電力供給、ネットワークコントローラーなどがあると100%アップタイムを確保できます。大規模な停電や電源コードの破損や劣化も想定されるため、充実した設備を構築することが重要です。
  • ドメインネームシステム (DNS)関連の問題。DNSの浸透によるケースもあります。DNS記録の変更は数時間で完了しますが、世界中に浸透するまで72時間かかる場合もあります。誤ったコンフィギュレーションも原因になりかねません。サーバー名の簡単な綴り間違でもウェブサイトダウンにつながることも充分考えられます。 
  • ドメイン名が更新されていない。ドメイン名を購入する場合、使用可能な有効期間を確認しましょう。マンションの賃貸やカーリースと似たような仕組みで、ドメイン名の登録を更新しなければなりません。更新しない場合、他のユーザーが使うこともあります。購入可能なドメイン名は弊社のドメイン名チェッカーで調べることができます。

トラブルシュートのコツ

あなたはあるウェブサイトにアクセスしようとしたが訪問できなかった場合、何をしますか?初心者でも実践できる以下のことをぜひご参照ください。

  • リンクが正しいか確認しましょう。意外と間違える人が結構いらっしゃいます。
  • リンクの先頭は”http”、あるいは”https”ですか?どちらかにしか対応してないウェブサイトもあります。
  • ネットの接続状況は安定していますか?Google.comまたはFacebook.comのような人気ウェブサイトにアクセスしてみるのも良いでしょう。
  • あなたが使っているのはプロキシサーバーですか?それともVPNですか?いったん電源を切って再起動してみましょう。
  • 自分のウェブサイトにアクセスできない場合、DNS設定を一度確認の上、サーバー状況を確認するようにプロバイダーに連絡しましょう。プロバイダー側に問題があって再発する可能性が考えられる場合、プロバイダーを変えることをお勧めします。優良ホスティングプロバイダーを参考にしてあなたに合った業者を探してみてください!
他の素晴らしいSEOツールをチェックしてください!
トラフィックチェッカー さまざまなチャネルおよびさまざまな期間のWebサイトトラフィック統計を推定します。
ランクチェッカー ウェブサイトにオーガニックトラフィックを最大限にもたらすキーワードを含むレポートを取得します。
スピードテスト 特定のページの速度をテストし、それを改善する方法についての提案を取得します。
バックリンクチェッカー 私たちの無料の被リンクチェッカーツールは、あなたのウェブサイトへのリンクを監視するのに役立ちます。
ウェブサイトの安全性 Webサイトが安全であり、疑わしいものとしてリストされていないことを確認してください。
同様のウェブサイト ユーザーが数秒で同様のサイトの情報を取得できる無料のツール。
すべてのツールを表示
close